FC2ブログ
トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
実家に行ってきた
2008-06-30 Mon 23:14
  彼女を連れて名古屋の実家に行ってきました。
 今回は、うちの兄貴のところに待望の赤ちゃんが生まれたのと、うちの親父の誕生日が六月だったので、家族が集まるいい機会だということで一緒に食事をすることになったんです。
 結婚してから、両親・兄弟に会うのは初めて。新婚旅行で日本に帰ってきてから、あちらのご両親には会ったんですが、自分の親のところには行きませんでしたからね。

 家族の中で、自分だけ東京に住んでいるので、電話はできてもなかなか頻繁に会うわけにもいかないんです。ちなみに、うちの妹もいま妊娠9ヶ月で入院することになって、予定していた家族全員のお食事会は、妹抜きということになったのですが、結婚式にこれなかったおばあちゃんとおじさん一家が来てくれて、十人でのにぎやかな会食になりました。

 それ以外にも、うちの母親が、地元の駅前に新しいマンションができたので見てくれという話になって、マンションを見に行ったり、帰りには、うちの母が、彼女に浴衣をつくってくれるということで、名古屋駅の着物屋さんによったり、妹の見舞いに行ったりで、ものすごくあわただしい帰郷になりました。

 マンションの方は3000万以下で手の届かない物件ではないんですが、名古屋で通えるところに転職しなきゃいけないので、ちょっと今回は見送ろうと思ってます。まだ、開業して食っていく自信はさすがにないし、当面は東京で経験つんで、いずれは実家の近所でって感じで考えてます。

 やっぱり、外国人の嫁さんもらうと、なかなか急には共働きってことにはならないし、自分の稼ぎを増やす方法を考えないといけませんよね。ほかのカップルさんたちは、どうなさってるんでしょ・・・。

スポンサーサイト
日記 | コメント:2 | トラックバック:0
再入国許可
2008-06-24 Tue 16:09
 みなさん、お久しぶりです。新婚生活まっただなかのgyuoです。

 先日、彼女の再入国許可をとりに東京入管にいってまいりました。
これはビザをとってからする手続きで、彼女が韓国の実家に帰る時に、もらっておかなければならないものです。これをとっておかないと、せっかく苦労してとったビザも、無効になってしまい、彼女が実家から戻ってこないハメになりますからね。

 うちの彼女は日本語ペラペラで東京に住んでたこともあるくせに、なかなか役所には行きたがらないので、再入国許可をとりに行く時もいろいろ大変でした。
 再入国許可の申請用紙(1枚)は、前にビザをもらいに行く時にもらってきたので、その用紙に僕が記入して、彼女にサインだけさせました。一応、韓国語で説明した上でのことなのですが、早く役所の手続きを一人でできるようになるといいのになぁ、とも思ったりします。

 それはさておき、到着した時間が遅かったせいか、番号札をとってから呼ばれるまでに2時間かかりました。みなさんも、入管に行かれる際は朝一番で行かれるのが、時間を無駄にせずによいと思います。
 で、許可自体は、2時間まったあとわずか10分でもらえました。もっと大変かと思ったのに、意外と短くて拍子抜けしました。ちなみに申請用紙と一緒に持っていった書類は、パスポートと外国人登録証だけです。

 晴れて許可をもらえたので、彼女は実家に帰るためのチケットを旅行会社に買いにいきました。
本当はその場でカードで決済できると一番よかったのですが、まだ銀行口座がなくてカードもつくれないので、僕が行くことになりそうです(銀行口座は、複数の銀行に問い合わせたのですが、入国後6ヶ月経過してないとつくってもらえないとのことです)。


 家に戻ってきたところで、社会保険事務所から通知が来てました。先日、彼女の年金手帳は届いたのですが、今度のは「三号被保険者該当」の通知とやらで、何か手続きをしないといけないようなことが書いてあったのですが、まだ調べてません。
 三号被保険者ってのは、「僕(会社員)の妻」って資格のことなので、それに該当してるって通知なんですが、保険料の免除の手続きとかは別途しなきゃいけないのかなぁ。
 これは、奥さんが働いていない場合、みんながしなきゃいけない手続きのようなので、国際結婚はあんまり関係ないですが、本当に一人でしなきゃいけない手続きが多くて大変です。
 役所が、土日も開いてたら楽なんだけどなぁ。平日だけだと、会社抜けてやんなきゃいけなくて、ほんとイヤになるんですよねぇ。土日窓口つくってくれたら、感謝されると思うんだけど、休日手当てとかでコストかさむから役所は、まずやってくれないんでしょうねぇ・・・。はぁ、大変だ。 
日記 | コメント:0 | トラックバック:0
結婚ビザ
2008-06-09 Mon 11:55
 こないだ、彼女の結婚ビザをもらいました。
 この結婚ビザってのは実は通称で、正式には、「日本人配偶者等」の「在留資格」っていうんですよ。
 申請を出したのは四月末で、連絡が来たのは五月中旬。約2週間でビザが出ました。

 僕がした手続きは、「在留資格変更」の手続きです。「資格変更」の手続ってのは、もともと、就労ビザの人が日本人と結婚したので「配偶者」に切り替える場合なんかに使う手続きです。
 資格変更ってことは、妻にもともとビザがあったのかって思われる人がいるかもしれませんが、別にビザを持っていたわけではありません。

 実は、日本と韓国は相互に短期滞在のビザを省略する協定を結んでいて、90日以内ならビザをもらう手続きをしなくても滞在することができます。これ一般には「ビザなし渡航」って言われているので、ビザがないように思われてるんですけど、実際には手続き省略の協定なので、手続きなしの「短期滞在」のビザをもらってるということになるんです。
 なので、新婚旅行が終わって日本に妻を連れてくるときに、もらった「短期滞在」の資格を変更するってことで、「資格変更」の手続をしたというわけです。

 用意した書類は、「資格変更」申請の用紙に、僕の給与明細、在職証明、保証書、戸籍謄本、韓国での結婚を証明する書類などなど。申請書類のなかに、つきあってから結婚するまでの経過を書くところがあるので、その経過説明を補うための資料として写真を5枚くらい、彼女の手紙をつけました。
 これらの添付資料はなくても、許可が下りなくはないのですが、「2枚程度」は出すように推奨されてます。ようは、偽装結婚でないことを当局が判断するための材料というわけです。

 このへんの事情を彼女に説明したんですが、「何で写真なんかつけるの」「なくても下りた子もいるよ」といやそうな顔をしているので、「じゃあ、自分で申請する? 許可もらえなくてもいいの?」とおどかしながら、書類を提出しました。
 結局とりにいったのは、はがきが届いてからさらに2週間あとの五月末になりましたが、2週以内にビザがもらえたので、彼女はご機嫌でした。
 ビザもらってから、区庁にいって外国人登録証の変更(短期滞在→日本人配偶者)手続きを完了。これで彼女が日本で生活するための基本的な条件はととのいました。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0
| 僕の彼女は韓国人 |
| 僕の彼女は韓国人 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。